わっぜ、直訳すると「すごい」
「わっぜ」は英語でいうところのveryに該当する。ものすごいの意味。大変!など、程度が激しい場合は
この表現が頻発する傾向にある。地方や所属するコミュニティによって語尾に変化をきたすこともある。
(例:わっざれか、わっげ、など)また、鹿児島弁の特徴かもしれないが、比較系にはだいたい最上級が存在する。
ここでいう「わっぜ」自体がすごいことを表現するモノだが、それを超越するものには「わっぜなか」が
使用される。「なか」は否定をあらわすが、(例:そげんこたあなか!=そんなことはない!)ここでは
強調表現として使用されている。(例:わっぜなかおいしか!=とんでもなく、旨い!)
ウィキペディアより参照



Aコースの方はこちら
Bコースの方は終了です
Cコースの方はこちら
Dコースの方はこちら